なごや食育ひろば

  • ホーム
  • サイトマップ
  • 文字の拡大縮小について

食育お役立ち情報

ホーム食育お役立ち情報健康と食生活習慣病を予防しよう!

生活習慣病を予防しよう!

食生活で生活習慣病を予防しましょう

食生活の欧米化、運動不足や充分に休養がとれない生活などが原因で高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病が、心配な人が増えてきました。

生活習慣病は、食生活を見直すことで、その危険度が大きく減少します。

気をつけよう こんなこと

1.「肥満」や「やせ」
自分の適正体重を知り、維持することで、様々な疾患の発症を防ぎます。日頃から、早食い、ながら食い、まとめ食いなどの習慣は食べ過ぎの原因です。ゆっくり、よくかんで腹八分目を目指しましょう。
2.「偏った食事」
肉食に偏ったり、副菜である野菜などを食べないと、中性脂肪やコレステロールが体内に蓄積されやすくなります。食品を組み合わせて、バランスのよい食事を食べましょう。
3.「野菜が足りない」
中性脂肪やコレステロールが体内に蓄積されるだけでなく、食物繊維も不足するため便秘なども心配です。1日350g以上を食べるようにしましょう。

にん爺のイラスト
4.「脂肪のとりすぎ」
肉のから揚げや豚カツばかりでは、肥満や中性脂肪、コレステロールの上昇につながる恐れがあります。野菜サラダのドレッシングやマヨネーズも注意しましょう。「煮る」「蒸す」「焼く」で余分な脂を落とす食べ方がお薦めです。
5.「塩分のとりすぎ」
塩分のとり過ぎは、高血圧の原因になります。予防には減塩がおすすめです。1日の目標量は、男性8g未満、女性7g未満です。

<塩分を抑えながらおいしく食べる工夫>

  • 調味料は「かける」より「つける」習慣をつける。
  • だし(昆布やかつお節等)を使い、薄味にする。
  • 酢、かんきつ類、香味野菜、香辛料を上手に使う。
  • 味噌汁は、具だくさんにして汁は控えめにする。
  • めん類の汁は残す。

「生活習慣病予防には、バランスの取れた食生活にくわえて、適度な運動と禁煙も大切だよ。」とコメントをしているホーレンのイラスト

食育お役立ち情報へ戻る