なごや食育ひろば

  • ホーム
  • サイトマップ
  • 文字の拡大縮小について

食育お役立ち情報

ホーム食育お役立ち情報環境と食「ごみ」について考えよう!

「ごみ」について考えよう!

環境にやさしい食生活

環境にやさしい食生活の実現のため、食から発生する生ごみ等を抑制し、減らす取り組みをすすめるとともに、発生してしまった生ごみについては、たい肥化などにより循環利用をすすめる必要があります。

食に関わるごみを減らそう

たとえば、食に関わるごみの減量では、次のような取り組みがあります。

○生ごみの減量
・「3ない」(買いすぎない、作りすぎない、食べ残さない)で生ごみの発生抑制になります。
3ない運動(外部リンク)
・生ごみの水切り(生ごみをしっかり水切りすること)で生ごみの重さを約10%減らすことができます。
ギュッと水切り・ひとしぼり運動(外部リンク)
・生ごみのたい肥化には、いろいろな方法があります。
生ごみのたい肥化(外部リンク)
○レジ袋の削減
買い物のときは、マイバッグ(買い物ぶくろ)を持って出かけましょう。
レジ袋の削減(外部リンク)
○マイカップ・マイボトルの使用
お出かけのときは、マイカップ・マイボトルを持ち歩いて、使い捨て飲料容器の削減をすすめましょう。
マイボトル・マイカップ(外部リンク)
○「3R」
「Reduce=リデュース(減らす、発生抑制)」、「Reuse=リユース(再利用)」、「Recycle=リサイクル(再生利用)」の3つの頭文字「R」から作られた言葉です。

「スーパーで回収している使用済みの天ぷら油を精製した「バイオディーゼル燃料」でごみ収集車(3両)や市バス(2両)が走っているよ。」とビオ君というキャラクターが説明をしているイラスト

食育お役立ち情報へ戻る